ブログのメリット4選!やらないとデメリットしかない話

スポンサーリンク

「ブログいいよ!」と言われたけど、やるか迷っている人は多いですよね。

なかなか行動に移せないのは、

  • 続かない
  • 時間がない
  • 書くことがない
ブログには、このような3大デメリットがあるから。

重い腰を上げて頑張って開設しても、3日坊主。
さらに、ブログを書けない理由を「時間がない・・・」「だって書くことないんだもん!」と挫折してしまう人は多いようです。

恐らく、「ブログ デメリット」で検索している人は、ブログをやらない言い訳を探しているんですよね。

私もブログやってますけど、やらないほうがデメリットだと思ってます。
後押しとなる言葉を探しているなら、「承認欲求を満たすためブログをやろう」と言いたい。

今回は、ブログをやるメリット・デメリットの両方を紹介しますね。
4つのメリットを見て、行動に移してみましょう。

ブログをやるメリット4選・デメリット3選


ブログをやるか迷っているなら、メリットとデメリットを見てくださいね。
やるやらないを決めるのは、アナタです。

メリット

承認欲求を満たせる

私が考えるブログをやるメリットは「承認欲求を満たせる」理由からです。
ブログをやっていると、1人でも見てくれる人がいるので、自己肯定感を高められます。

とくに、ブログをやっている年齢は40代女性なんだそうです。
私の記憶では、20代後半か30代くらいにブログが誕生したように思います。

ブログができた当初は、離れた人と繋がれるのが嬉しかった!
コメントくれる人の多くは、「ありがとう」や「役に立ちました」などポジティブな意見ばかり。

日本人は普段から褒められ慣れていないので、ブログを通して誰かに感謝してもらえるのって、すごく嬉しいことだと思いました。
逆にお金を目標にブログを始めた人は、なかなか収益にならず挫折する人が多いとか。

お金目的だと続かないのは、ブログで収益を得るには時間がかかるから。
時給換算してしまうと、とたんにつまらないものに感じてしまうからなんですね。

一方で、承認欲求を満たす目的なら、簡単に願いが叶いやすいので続けやすいのです。

アウトプットの場にできる

第二にブログは、アウトプットの場にできます。

本で読んだこと、ネットで検索したこと覚えてます?
多分記憶に残っていないと思います。

知識として取り入れる目的があったとしても、アウトプットしないと記憶に残りません。
なぜなら、毎日の生活で脳は膨大な情報を得ているわけで、それらを記憶するわけにいかないからです。

自分の知識として身につけるなら、アウトプットは必須。

  • 書き出してみる
  • 人に教えてみる
など、自分の頭で考えて情報を整理する必要があるんですね。

その点、ブログは書く・人に教える両方ができます。
だから、私がブログを書き続ける理由は、自分のためでもあります。

ブログとアプトプットの関係性が気になるなら、次の記事も見てくださいね。
リンク:ブログを継続するコツ!アウトプットに活用する

マーケティングを学べる

ブログをやるとなると、いっぱい知識が必要です。

  • HTMLやCSSの知識
  • WordPressの始め方
  • SEO対策の知識
  • 心理学や購買心理など
  • パソコンの知識
  • ライティングの知識
など。

私は、たしか楽天ブログから始めました。
無料ブログでも、デザインの変更やHTMLの知識は必要でしたね。

それから、独自ドメインを取得して、サーバーにHTMLでブログを開設。
時代は変わり、WordPressでブログ開設も体験しました。

さらに、ブログで広告収入を得るには、心理学やマーケティングの知識が必要ですね。
たまに「ブログで簡単に稼げるよ!」という人もいるけど、そんなに簡単じゃないです。

ブログをコツコツ育てていって、読者からの信頼を獲得できて、初めて広告収入が得られるからです。
例えていうならRPGゲームでキャラを育てる感覚に近いかな。

コツコツ習得するタイプなら、ブログで知識が得られるメリットを感じるはず。

Webライターのアピールになる

ブログを育てていくと、私の職業Webライターに役立てることができます。
ポートフォリオにもなるので、ブログをやらないほうが損失かも。

Webライターがブログをもっていると、仕事受注前のテストの代わりに、ブログを提出できていいですね。
相手としても手間がないですし、実績もわかりやすいです。

デメリット

収益を出すのが難しい

昔はちょっと頑張ればブログで利益を得ることは可能でした。
でも、今はGoogleアルゴリズムの進化や、ネットを使うユーザーも賢くなってきているので、ブログで収益を得るのは難しくなっています。

半年も無収入だと、ブログを挫折するのも当然ですよね。
だから、ブログをやる目的はお金にしないほうがいいですよ。

「承認欲求を満たすため」「アウトプットのため」など自分のためにやるといいです。

炎上や批判が怖いという意見

ネット記事やSNSを見てると、「炎上した」という話題がありますね。
そんなネガティブな記事を読むと、「私も炎上したらどうしよう?」と人は不安になってしまいます。

私も、別のブログでわざわざ「これって違うんじゃないの?」の批判メールがありました。
わざわざメールを送るのってエネルギーが必要なのに、なんで?と悩んだことも。

よく考えてみたら、自分と誰かの意見が100%合うことなんてない。
「意見が違って当たり前」と考えると気が楽になりました。

また、ブログはコメント欄をなくすことができるので、大丈夫ですよ。
「炎上したらどうしよう」「批判コメントが来たらどうしよう」と悩むのではなく、来たときにどうするか考えればいいだけです。

「心配事の9割は起こらない」ともいいますしね。
やってみて心にダメージがあれば止めればいいだけ。

それに、何度も批判コメントがあると慣れてしまう部分もあるので、怖がらず行動するといいですよ。

アクセスが上がらず自己嫌悪に陥る

ブログは承認欲求を満たすといいましたが、アクセスが上がらないと自己肯定感を下げる原因にもなります。

結果を出せないと、「頑張ってるのに・・・」「私って何やってもダメな人間かも?」と自己嫌悪に陥りがち。

この部分を克服するためには、過度な期待をしないことですかね。

  • 誰かが読んでくれると期待しない
  • アクセスが上がると期待しない
  • 収益が上がると期待しない

ひたすら、毎日ブログを続けられた点だけ、自分を褒めたいですね。

ブログをやるのはメリットしかない


試しに周りに、「ブログやってる?」と聞いてみてください。
恐らく、1人くらいはいるかもしれないけど、何年も続けている人は少ないはず。

なんでも、行動する人の割合は1割に満たないとか。
1,000人いても100人が行動して、100人行動しても10人しか続けられない。

ブログを続けられる人は、1,000人に対して10人だとするとスゴイですよね。
まずは、ブログを開設する決意があるだけでも、自分を褒めてあげてください。

スポンサーリンク