Google chromeのシークレットモードのやり方「SEO対策で知らなきゃダメ!」

スポンサーリンク

Webライターは「シークレットモード」の言葉を聞くことがあります。
でも、シークレットモードって何?という人もいますよね。

シークレットモードとは、検索履歴などが影響しないGoogle chromeのブラウザモードのことです。
ブラウザが変わると、次のような名前に変わります。

Firefox プライベートブラウジング
Safari プライベートブラウズ

 
どのブラウザであっても、閲覧履歴などが影響しないモードはあります。
通常の設定では、次のような履歴が残っていますよ。

  • Cookie
  • 閲覧履歴
  • キャッシュ画像
  • ダウンロードしたデータ
  • IDとパスワード
などです。

なぜWebライターはシークレットモードを使わないといけないのでしょうか?
今回は、ブログ作成やWebライターの執筆に使う、シークレットモードについて紹介したいと思います。

SEO対策に使うシークレットモード


Web記事作成の前に、「何を書くか?」の調査があります。
この上位サイトの調査のときに、シークレットモードを使わないといけません。

なぜシークレットモードを使うのかというと、検索履歴が影響すると、正しい検索結果を表示できないから。
前の検索履歴が影響すると、検索結果が変わってしまう場合があるからです。

最近はGoogleの検索エンジンも進化していて、影響がない場合はあるみたいです。
でも、Webライターが記事を書くのは「上位表示させる」の目的があるので、正確な情報を表示させるため、シークレットモードの利用は必須だといえますね。

シークレットモードのやり方

それでは、Google chromeのシークレットモードのやり方を紹介します。

  • Google chrome設定から開く
  • ショートカットキーを使う
この2つのやり方で、好みの方法を選びましょう。

Google chrome設定から開く

シークレットモードの開き方
Google chromeブラウザの右上に、縦に3つの点が並んでいます。
この点の部分をクリック、すると設定画面が開きます。

「シークレットウィンドウを開く」を選択してください。


すると、帽子とメガネのマークがあるシークレットモードが開きました。

シークレットモードには以下の文面が記載されています。

現在、シークレットモードで閲覧しています。あなたのアクティビティは、このデバイスを利用する他のユーザーには表示されません。ただし、ダウンロードしたファイル、ブックマーク、リーディングリストは通常通り保存されます。

Chromeには、次の情報は保存されません。

  • 閲覧履歴
  • cookieとサイトデータ
  • フォームに入力した情報

ただし、次の相手にあなたのアクティビティが知られる可能性があります。

  • 訪問先のウェブサイト
  • 雇用主または学校
  • ご利用のインターネットサービスプロバイダ

つまり、ネットカフェなどにある共有パソコンでシークレットモードを使うと、ブラウザの閲覧履歴や、サイトに入るためのIDやパスワードが知られる心配がありません。

ただし、サーバー側にはデータが残ります。
犯罪で警察がサーバー側に閲覧情報を求めるとき、会社が社員の閲覧履歴などを調査するときは、読み取られる恐れがあります。

ショートカットキーを使う

「シークレットウィンドウを開く」の横にショートカットキーがありますね。
ショートカットキーでシークレットモードを開くときは、「Ctrl+Shift+n」です。

ブラウザを通常モードにするには

シークレットモードを解除して通常モードにするには、ブラウザを閉じるだけです。
ブラウザを閉じると、閲覧履歴などを削除できます。

Webライターはシークレットモードを使ってSEO対策しよう


SEO対策では、上位表示されているサイトの調査があります。
このとき、正確な情報を読み取るため、ブラウザはシークレットモードを開きましょう。

Webライターやブログを書く、SEO対策が求められる人は必見。
シークレットモードを開くのは多少面倒ですが、使うよう心掛けたいですね。

Webライターの情報をもっと知りたいなら次のページ↓↓

スポンサーリンク