アイス&スノーキャンドルの作り方3選!風船・牛乳パック・バケツ別に紹介

アイスキャンドル

スポンサーリンク

アイスキャンドル、スノーキャンドルを作ってみたい!そんな方向けに、風船・牛乳パック・バケツを使った作り方を紹介します。

難易度別や、地域別に使い分けてみましょう。

  • 簡単がいい→スノーキャンドル
  • お家で作りたい→牛乳パックのアイスキャンドル
  • 本格的なのがいい→バケツのアイスキャンドル
  • 変わったものがいい→風船のアイスキャンドル

それぞれ動画や画像を交えながら紹介していきます。好みのキャンドルを探してみてください。

アイスキャンドル&スノーキャンドルとは?

冬に作成できるキャンドルには、アイス&スノーの2種類があります。アイスキャンドルとは氷を使ったキャンドル、スノーキャンドルは雪を固めたものです。

アイスキャンドルは氷のため、透明度が高いのが特徴。スノーキャンドルに透明感はありませんが、雪があれば簡単に作成できるのが魅力です。

下川のアイスキャンドル

アイスキャンドル
出典:下川町
アイスキャンドルの町として有名なのが、北海道の下川町です。下川町では毎年「アイスキャンドルフェスティバル」がおこなわれています。

桜ヶ丘公園ほか、下川町全体がキャンドルで灯され幻想的な雰囲気です。下川町のアイスキャンドルの歴史は古く、1975年「下川冬まつり」が最初だとされています。

下川町は、真冬になると-30℃にまで達する地域です。極寒だからこそ、氷で作るスノーキャンドルができるのです。

札幌など北海道各地でも

冬のキャンドル作りは、北海道各地でもおこなわれています。私の住む札幌市でも、各地域でスノーキャンドルのイベントが開催されています。

札幌でスノーキャンドルとなるのは、最低気温が-10℃くらいまでしか下がらないから。凍らせるアイスキャンドルは、気温が下がる地域でないと難しいのです。

アイスキャンドル&スノーキャンドルの作り方3選

冬のキャンドル作りを楽しむなら、外気温ごとに作り方を変えてみてください。牛乳パック・バケツ・風船と3種類の作り方を紹介します。

牛乳パック

外気温が氷点下にならない地域だと、外でキャンドルを作るのは難しいです。温かい地域で凍らせる作業は、冷凍庫を使います。

牛乳パックを使ったアイスキャンドルなら、雪国でなくてもOK。家庭で簡単にアイスキャンドルが作成できるため、沖縄だって挑戦できますよ。

【用意するもの】

  • 牛乳パック
  • 輪ゴム
  • ハサミ
  • 空き瓶

アイスキャンドルの瓶
空き瓶を使うと、ガラスで滑りがいいです。なければ空き缶でも代用できます。瓶や缶のように、中心部分が空洞のものだと、中心に水やお湯を入れて取り出しやすいです。

私は、100均で買った蓋つきのガラス瓶を使いました。瓶や缶を使うときは、牛乳パックの内側に入るような、細めのものを用意してください。

アイスキャンドルの輪ゴム
輪ゴムは、瓶や缶が牛乳パックの中心にくるよう固定するために使います。

アイスキャンドルの牛乳パック
飲み終わった牛乳パックは、中を綺麗に洗っておきましょう。アイスキャンドルを作成する直前に、軽く水でゆすぐだけでOKです。

アイスキャンドルの切り込み
牛乳パックは、瓶や缶の高さに合わせて切ります。高さを揃えた牛乳パックは、上の部分に4か所切り込みを入れます。輪ゴムをひっかけて、瓶や缶を固定するための切り込みです。

アイスキャンドル瓶の固定
牛乳パックの中に瓶や缶を入れて、中心にくるよう輪ゴムで固定します。十字になるよう輪ゴムを止めてください。牛乳パックに水を入れて冷凍庫で凍らせます。

アイスキャンドル瓶の取り方
キャンドルが凍り過ぎて瓶や缶が取れないときは、中心部分に水やお湯を入れます。水でも十分溶けると思います。

アイスキャンドル完成
できあがったアイスキャンドルは、中心部分にろうそくを入れて楽しみましょう。雪の上にアイスキャンドルを置くと、ろうそくを立てやすいです。

画像のアイスキャンドルの透明度が低いのは、冷凍庫で作ったからです。アイスキャンドルは、屋外でじっくり凍らせると透明度が高くなります。

冷凍庫で凍らせると、どうしても急速冷凍になってしまいます。外気温なら-10℃前後で凍らせられるのに対し、冷凍庫は-20℃くらいです。

透明度を高くしたいなら、-10℃くらいでじっくりと凍らせる必要があります。またはミネラル分が少ない水を使うか、一度沸かした水で凍らせるといいです。

でも、-30℃になる下川町のアイスキャンドルはなぜ透明度が高いのか?

ミネラル分は凍っていくうちに中心部分に移っていくためです。屋外で作るアイスキャンドルは、外側を凍らせたら中心の水を捨てているため、透明度が高いキャンドルができあがります。

バケツ

バケツを使ったキャンドル作りは、アイスキャンドルまたはスノーキャンドルの2種類があります。難易度でいうとアイスキャンドル>スノーキャンドルの順で難しいです。

-10℃くらいまで下がる札幌市でアイスキャンドルを作ったら、完全に凍らず失敗しました。夜中に気温が下がって凍っても、日中に気温が上がり溶けてしまったようです。

下川町は-30℃まで下がるからこそ、屋外でアイスキャンドルが作れます。気温が下がらない地域では、バケツでアイスキャンドルを作成するのは難しいと思います。

ということで、札幌市在住の私は、雪を固めるスノーキャンドルを選択しました。

【用意するもの】

  • バケツ
  • スコップ
  • 空き瓶

スノーキャンドルとバケツ
バケツの中心にちょうどいい空き瓶を用意してください。我が家では、梅酒が入っていた空き瓶を使いました。持ち手がある瓶だと、瓶を取り出しやすいです。

バケツに雪を入れる
バケツの中心に、瓶を置きます。瓶の周りに雪を入れていきましょう。スコップを使って、どんどん雪を入れていってOKです。

雪を押し固める
瓶の周りに入れた雪は、手で押し固めます。札幌の雪はパウダースノーが多く、サラサラしていて固まりにくかったです。

スノーキャンドルは少し水分を含んでいたほうが、固めやすいです。サラサラして固まりにくい雪質の場合は、予め雪に水を混ぜ合わせておくと固まりやすくなります。

今回はパウダースノーですが、水を含めずそのまま作成しました。おかげで固まらず、ひっくり返したときに何度も崩れてしまいました。

スノーキャンドル瓶を抜く
瓶の周りに十分雪を入れられたら、瓶を抜きましょう。瓶だと滑りがよく、スポッと抜けるはずです。

バケツをひっくり返す
バケツをひっくり返し、バケツの中の雪を抜きましょう。瓶は中心部分に置きたいのですが、多少ズレても見栄えがそれほど悪くなるわけではありません。気にせずどんどん作成してみてくださいね。

スノーキャンドルを並べる
作成したスノーキャンドルは、たくさん並べましょう。1つのバケツがあれば、複数つくれます。キャンドルが複数あると、灯かりつけたとき幻想的です。

スノーキャンドル完成
中心にろうそくを入れて灯かりをつけました。複数作成するのは大変ですが、灯かりをつけたときの喜びは大きいはず!雪が降っているとさらに幻想的です。

風船

バケツを使ったアイスキャンドルの難易度は高いため、失敗する可能性があります。簡単に作りたい方は、風船を使った方法がおすすめ。

【用意するもの】

  • 風船

用意する風船は、普通のものでOKです。風船をつるすための紐も準備してください。

水道の蛇口に風船の口を取りつけましょう。ぬるま湯またはお湯を風船内に入れます。水だと凍らせたときに気泡ができやすく、温度が高いものがおすすめです。

口を縛った風船を、紐で縛りつるします。ベランダの洗濯物干しなどを使って、風船をつるしてくださいね。

凍らせる目安は、表面が固まるまでです。中まで完全に凍ると、ミネラル分で透明度がなくなってしまうため注意しましょう。表面が固まったら、風船を割って氷を取り出します。

風船を使ったアイスキャンドルは、しずく型ができます。たくさん作って、幻想的な様子を楽しんでみてください。

アイスキャンドルの注意点

アイスキャンドル
冬にキャンドル作りを楽しむ場合は、いくつか注意点があります。

雪を使った方法が簡単でおすすめ

アイスキャンドルだと、完全に凍る前に取り出さなければなりません。取り出す目安がわかりにくいので、アイスキャンドルの難易度は高めです。

バケツに雪を入れるだけのスノーキャンドルは、すぐに完成して簡単です。難易度が低いものがいいなら、雪を使った方法を選んでみてください。

ろうそくの取扱いに注意

室内でキャンドルを楽しむ場合は、ろうそくの取扱いに注意しましょう。屋外でキャンドルを楽しむなら、火の取扱いに注意しなくてよくおすすめです。

屋外でキャンドルを楽しめば、燃え移るものがなく安全ですね。キャンドルを楽しんだら、ろうそくの火を消しておきましょう。

アイスキャンドルは気温が低い地域向け

バケツでアイスキャンドルを作ろうと思っても、何度も失敗してしまいました。外側が凍っていても、取り出すほど凍らせることができませんでした。

外気温が-30度になる下川町でも、1晩または2晩おく場合もあるそうです。私の住んでいる札幌市で見かけるキャンドルは、どこも雪で作ったスノーキャンドルばかりです。

地域によって、キャンドル作りを変えてみてくださいね。

色を付ける方法も

アイスキャンドルやスノーキャンドルは、色を付けることもできます。絵具を溶かし入れれば、簡単にカラフルなキャンドルができますよ。

スポンサーリンク