この世は嘘だらけ!でも変えられるのは自分だけという現実

スポンサーリンク

「この世は嘘だらけ!」と嘆いているアナタ。
実は、私も世の中が嘘ばかりだと知り、ガックリきた一人でもあります。

例えば、

  • 医療業界は嘘が多い
  • 嘘で稼いでいる人が多い
  • メディアだって信用できない

などの問題がありますよね。

今回は、「結局自分しか変えられないよー」という記事テーマです。
少し哲学的なことで難しく感じるかもしれませんが、私自身への気づきを言語化してみたいと思います。

この世は嘘だらけでも自分しか変えられない


私が、この世は嘘だらけだと感じたのは、医療業界の問題を知ってからでした。
そして、常識だと思っていたことは、誰かの都合でしかないと気づいたのです。

ここでは、この世の嘘を暴露するつもりはありません。
疑問を感じたら自分で調べて、自分なりに対処するしかないからです。

では、本題に入りましょうか。
「結局自分しか変えられないよ」と私が思う根拠を順番に紹介していきたいと思います。

政治家に嘘が多くても自分の現実は変わらない

例えば、テレビのニュースで「政治家の〇〇さんが不祥事」と報道されたとしましょう。
確かに事実を知ることは大切ですが、政治家を批判したところで、自分が幸せになれるわけでもなく、世界も変わりませんよね。

  • 政治家の〇〇さんのせいだから
  • あの人のせいで私の生活が悪くなった

など、問題の責任を他人に押し付けているだけに過ぎません。

私たちが他人のせいにしてしまうのは、誰かのせいにすると楽だから。
そうですよね、自分が解決するとなると大変だけど、責任を誰かに押し付けるのは簡単なことです。

人はどうしても楽なほうを選びがち。
でも、楽=世の中を変えられるとは違うんですね。
本当に「日本の政治を変えたい」と思っている人は、実際に行動している人だからです。

変えられるのは自分の内側だけ

では、どうしたらいいのかというと、自分の内側を見る必要があります。
なぜなら、変えられるのは自分の内側だけだからです。

先日夫と話していたとき、夫は「政治のことなんて興味ないんだよ」と言いました。
そして「興味があるのは自分が楽になることだけ」とも。

私が政治に対してグチグチ言ったら、「だったらどうしたいの?」というタイプです。
そんなとき私は「ハッ!愚痴を言うのが目的じゃなかった・・・」と気づきました。

ホントそうなんですよねー。
だって、自分さえも変えられない人は、政治を変えられるわけがないじゃないですか。
自分を幸せにして余裕があれば、他の部分にも手をつければいいのですよね。

私が気づいたのは、自分の外側にばかり目を向けすぎている。
なぜか、外側の問題が解決できれば、自分も幸せになれると勘違いしていたようです。

「外側の問題が解決できれば」といっても、問題の責任を他人に押し付けているのにね。

  • 誰かが解決してくれるだろう
  • 私は行動せず待っているだけ

このような考え方では、自分の世界すら変えることはできないと気づきました。

だから、私はどんなにこの世が嘘にまみれていても、自分を変えることに集中したい。
小さなステップでもいいので行動して、成長したいです。

信じるのは自分だけでいい


私が出した答えは、「世の中が嘘でまみれていても、自分なりの答えを見つければいいじゃないか」です。
嘘が多いなら自分は真似しなければいいだけ。
そして疑問があるなら、自分で調べて納得できる方向を探せばいいだけ。

私の場合、「今まで常識だと思っていたことが、誰かの都合でしかなかった」と説明しましたが、今後私の常識も変わる可能性があります。
だったら、常識に振り回されるのは避けたいですよね。

結局、信じるのは自分だけでいい、と結論づけました。
変えられるのは自分しかいないし、自分で判断できるよう幅広い知識だけは得ていきたいと思います。

「この世は嘘だらけ!」と嘆いている方が、少しでもプラスに考えられますように。

スポンサーリンク