妊娠超初期はおりものが少ない・減る場合でも大丈夫?白・茶色・黄の色の変化

妊娠超初期おりもの

「妊娠超初期に急におりものの量が減った・・・」
通常の妊娠時はおりものの量が増えるため、心配になりますよね。

妊娠超初期のおりものが少なくても、個人差があるため心配しなくても大丈夫です。
心配な方は異常なおりものなのか、白・茶色・黄など色でも判断してみてください。

妊娠しているか知りたい方は、他の症状のチェックや、早期妊娠検査薬も使ってみましょう。

妊娠超初期におりものが少ないのは大丈夫?

妊娠超初期おりもの
妊娠超初期はおりものの量が増えますが、おりものの量は個人差があります。
おりものがない、減ると感じても問題ない場合が多いでしょう。

妊娠していてもおりもがない・減る人はいる

妊娠すると通常はおりものの量が増えます。
しかし、おりものの量には個人差があるため、妊娠してもおりものがない・量が減ると感じる方もいるようです。

妊娠=おりものの量が増える、ということではないため心配しなくても大丈夫です。

おりものの量が増えるのは妊娠すると女性ホルモンの量が増えるためです。
必ずしも全員が同じホルモン量になるわけではありません。

妊娠超初期でおりものが白いのは正常?

妊娠超初期おりもの
妊娠超初期でおりものが白く変化した場合は、様子を見てみましょう。

正常なおりものは白やクリーム色です

正常なおりものに色はなく、透明や半透明の色をしています。

色が付いているように見える場合は白く見えますが、かゆみはありません。
排卵後の黄体期にはプロゲステロンの影響によりおりものが黄色みかかり、クリーム色に見えることもあります。

妊娠超初期でおりものが茶色くなったのは?

妊娠超初期おりもの
妊娠超初期でおりものが茶色く変化することがあります。
問題がないケースと注意したい場合があるため、どのような色なのか観察しましょう。

着床時の出血の影響が考えられる

受精卵が子宮内膜に着床すると、子宮内膜に傷ができて少量の血が出ることがあります。
これは着床出血と呼ばれるもので、妊娠した証拠で問題はありません。

おりものが茶色く変化した場合は、時間が経った血がおりものに混じっただけです。
だらだらと出血が続いているわけではないため、心配しなくても大丈夫です。

鮮血や出血の量が多い場合は注意が必要

一方でおりものの色が鮮やかな血の色をしている場合は、注意が必要です。

現在も出血が続いているため、病院で検査をしてもらいましょう。
出血の量が多くなっている場合は、切迫流産する可能性もあります。

妊娠超初期の出血は経血と似ているためわかりにくいかもしれません。
いつもの生理とは違い腹痛がある場合や、鮮血となっている場合は注意しましょう。

おりもの以外で見られる妊娠超初期症状のチェック

妊娠超初期おりもの
妊娠超初期はおりものの量や色以外にも、変化が現れます。
敏感な方だと、いつもと体の様子が違うことに気が付くでしょう。

おならが増える

妊娠超初期は「おならが増える」と感じることがあります。

妊娠を継続させるためにプロゲステロンの分泌量が増えるためです。
プロゲステロンは子宮の収縮を弱める働きがあるため、子宮の近くにある腸にも影響を与えて便秘になり、腸内にガスが溜まりやすいためです。

チクチクを感じる

受精卵が着床するときに、チクチクを感じることがあります。

子宮内膜に受精卵が潜り込むときに傷がつくためだと考えられていますが、受精時の痛みは詳しく解明されてはいません。
人によってはいつもの生理より重だるい感じがして、お腹が痛くなる方もいます。

熱っぽい感じがある

妊娠するとプロゲステロンの分泌量が多くなり、熱っぽい感じがします。
プロゲステロンは着床を促し体温を上げる働きがあるためです。

通常の生理周期でも、排卵後からプロゲステロンは分泌しています。

女性の体は生理前に体温が低くなり、排卵後は体温が高くなるのが一般的です。
生理前の体温の高さと、妊娠超初期の熱っぽさは、区別を付けるのが難しいでしょう。

いつもより眠気が強い

妊娠超初期に眠気が強くなるのも、プロゲステロンの影響を受けているためです。

しかし、生理前も同じようにプロゲステロンの影響を受けて眠気は強くなります。
「いつもより眠気が強い」と思っていたら、妊娠していたというケースもあるようです。

胸が張っている感じがする

妊娠するとプロゲステロンの影響で、胸が張ることがあります。

この症状は妊娠中にずっと続くものです。
産後の授乳が終わるまで胸が張り続けるため、妊娠したらしばらく胸の張りとお付き合いしなければなりません。

生理前もプロゲステロンの影響で胸が張る人もいます。
様子を見ておさまる場合や、生理がくると胸が張る症状が改善するのが一般的です。

胃がムカムカする

妊娠を継続させるためプロゲステロンの影響を受けて、胃の働きが低下します。
妊娠超初期からつわりで吐いてしまうことはありませんが、「何となく胃の調子が悪い」「食欲が落ちている」「食べたくない」などの症状が出やすいです。

生理前のおりものと妊娠中のおりものの違い

妊娠超初期おりもの
生理前のおりものはニオイが強くなるため、気が付く方もいます。
妊娠超初期の場合は、おりものの量が増えることで区別してみましょう。

生理前のおりものは量が増えニオイがある

排卵すると受精を促すため、おりものの量はピークになります。
おりものは透明感があって粘り気があるのが特徴です。

受精がない場合はおりものの量は減っていくでしょう。

おりものは黄体期になるとさらに粘り気が出てくるため、黄色っぽいおりものに見えます。
生理直前になるとおりものの量が増えてニオイが強くなり、「もうすぐ生理」だと気が付く方もいるでしょう。

一方で、排卵後に受精がある場合も、おりものの量は増えていきます。
妊娠中のおりものはゼリー状のものが出たり、水っぽいおりものが出たりします。

生理前なのか妊娠超初期なのかは、おりものの量や状態だけでは判断が難しいかもしれません。
独特のニオイが出てきたら、生理が近い可能性があります。

妊娠超初期とはいつから、いつまでのこと?

妊娠超初期おりもの
妊娠超初期はいつからいつまでのことなのでしょうか?
自分の体はどのような状態になっているのか、詳しく確認しておいてください。

妊娠0週~妊娠4週までの期間で生理前

妊娠超初期とは、妊娠0週~妊娠4週までのことです。
生理の最終日が妊娠0週で、受精がある前から妊娠週数をカウントしています。

妊娠0週から2週間で排卵がおこり、さらに1週間後に受精がおこります。
妊娠4週とは受精からたった1週間しか経っていないのです。

まだ大きく体に変化はあらわれていないため、妊娠超初期の症状に気が付かなくてもおかしくはありません。

まだ妊娠検査薬で反応は出ない

通常の妊娠検査薬は、生理予定日から1週間過ぎてから使うことができます。

つまり妊娠5週目からとなるため、妊娠超初期は妊娠検査薬を使えません。
使っても十分なホルモンの量がなく、妊娠反応は出ないでしょう。

妊娠超初期症状はPMSの症状と似ているため注意

妊娠超初期症状は、PMSの症状とよく似ています。

どちらもプロゲステロンの影響を受けて、体温の上昇、胸の張りがおこるためです。
妊娠を希望される方は生理前になると「妊娠したかな?」と感じることもありますが、生理前の症状と区別はつきにくいでしょう。

強い妊娠の希望があると、ときにはホルモン変化により「想像妊娠」をおこすこともあります。
妄想妊娠や想像妊娠と呼ばれる症状は、下記の記事でチェックしてみてください。

妊娠超初期症状が気になったら早期妊娠検査薬で検査しよう

妊娠超初期おりもの
妊娠を早く知りたい方は、フライング検査がおススメです。

フライング検査は正確な結果が出ないこともある

妊娠超初期に妊娠を調べたい方は、早期妊娠検査薬で調べてください。

フライング検査とも呼ばれるもので、生理予定日の3日前や1週間前から検査ができます。
妊娠超初期のころにも判定が可能なため、使ってみましょう。

まだ妊娠3週でも、受精があればホルモンの量は変化しています。
早期妊娠検査薬は、通常の検査薬より少量のホルモン量でも検査が可能なタイプです。

ただし、フライング検査は、正確な結果がでないこともあります。
数回分を購入しておいて、何度か検査すると確実な答えが得られやすくなるでしょう。

妊娠の兆候に気が付いたら葉酸の摂取がおススメ

妊娠超初期は受精卵ができて、胎児の重要な器官ができる時期です。
厚生労働省も妊娠初期の葉酸の摂取を推奨しているため、食事やサプリメントから葉酸の摂取を心がけてみましょう。

まとめ:妊娠超初期はおりものの量や色に注意してみよう

妊娠超初期では人によっておりものの量が増えたり、減ったりします。

色は白や黄色っぽい色なら問題はないでしょう。
異常な色の場合のときには、病院を受診してくださいね。

スポンサーリンク