ハッカ油スプレーの作り方!マスク・虫除け・消臭・マウスウォッシュ使い方

ハッカ油スプレー

スポンサーリンク

天然成分で生活を豊かにしたいなら、ハッカ油がおすすめです。メントールで爽快感があり、虫除けとしても使えます。ハッカ油スプレーの作り方や、おすすめの使い方を紹介します。

ハッカ油スプレーの作り方

ハッカ油スプレー
北海道のお土産コーナーで見かける、ハッカ油。和種ミントを使ったアロマで、日本人になじみやすいのがポイントです。そんなハッカ油を使ったスプレーの作り方を紹介します。

準備するもの

ハッカ油スプレーの材料は、3つだけです。エタノールが手に入りにくいときは、精製水とハッカ油だけでOKです。さらに精製水が手に入らなければ水道水でもいいですよ。

【ハッカ油スプレー50ml】
精製水・・・45ml
エタノール・・・5ml
ハッカ油・・・5~10滴
ハッカ油は、漢字で書くと「薄荷」です。ミントオイルと呼ばれることもあります。ミントはミント属の総称で、和種ミントのハッカもそのひとつです。

洋種ミントはペパーミント、緑種はスペアミントが有名です。和種ミントは、北海道北見で栽培されている品種があります。北見産のハッカは明治時代から製造されはじめ、近年再び注目されています。

洋種ミントは香りが強いのが特徴で、和種ミントは香りが柔らかくメントール率が高くなっています。スースーするミントを使いたい場合は、和種ミントのハッカがおすすめです。

ミントスプレーの作り方

ハッカ油は、油でできています。油と水はそのままだと混ざりあわないため、エタノールで混ぜてから水を加えます。

エタノールを5ml測り、スプレーボトルに移し替えます。ハッカ油を5~10滴ほど加えて、よく混ぜ合わせましょう。最初にエタノールと混ぜておくと、水を加えても分離しません。

精製水を45ml測り、スプレーボトルに入れ混ぜたら出来上がりです。

精製水は防腐効果がないため、短期間で劣化する恐れがあります。冷蔵庫で保存して、10日くらいで使い切るのがおすすめです。水道水の場合は、もう少し長持ちします。

50mlのハッカ油スプレーなら、短期間でも使いきれます。小さなスプレー容器なら、50mlを入れてちょうどいい量です。

ハッカ油スプレーを入れる容器

ハッカ油は、リモネンの成分で容器を溶かしてしまいます。スプレー容器は、ガラス製を使うと安心です。注意が必要なのは、ポリスチレン(PS)なので、確認しておきましょう。ポリエチレン(PE)であれば問題ありません。

ハッカ油スプレーの使い方

ハッカ油スプレー
ハッカ油スプレーを使ったら、日常生活でたっぷり使いましょう。天然成分で優しいため、家じゅうや衣類にも使えるのが魅力です。

夏のマスク用に

最近注目されているのが、夏マスクにハッカ油スプレーをする方法です。夏になると不織布のマスクを付けていると、蒸れて暑くなってしまいます。

ハッカ油スプレーをマスクに吹きかけておくと、メントールの爽快感で涼しくいられます。消臭効果もあるため、マスク内の嫌なニオイ対策にもおすすめです。

マスクのニオイが気になるのは、自分の息がダイレクトに伝わるため。ハッカ油スプレーをしておけば、香りで自分の息のニオイが気にならなくなります。

ハッカ油スプレーをマスクに使うときは、肌に刺激がないか確かめてください。敏感肌の方は、マスクの表側にスプレーするといいでしょう。またハッカは香りが強いので、スプレーしすぎに注意してください。

防虫や虫除けに

ハッカ油のニオイは、防虫対策に使えます。蚊・ダニ・ゴキブリなどは、ハッカ油のニオイを苦手としているようです。網戸や部屋の隅にハッカ油をスプレーしておくと、害虫の侵入を防ぎます。

ハッカの虫除け効果は、数時間程度です。効果は持続しないため、虫除けとして使う場合は、こまめにスプレーしてください。

マウスウォッシュに

ハッカ油は、マウスウォッシュに使えます。コップ1杯の水に、原液1滴を垂らすと、口の中に爽快感が広がります。歯を磨いた後や、歯を磨けないときにおすすめです。

消臭に

ハッカ油は、メントールの爽やかな香りが特徴です。水で薄めたものなら、直接肌に吹き付けても問題ありません。汗が気になる脇にスプレーしてみましょう。靴下やシャツなどに吹き付けて、ニオイ対策にも使えます。

フローリングや畳の掃除に

ハッカ油スプレーは、フローリングや畳の掃除に使えます。爽やかな香りが部屋中に広がり、虫除けにもなります。天然素材でできているため、赤ちゃんがいる家庭でも安心です。

ただしペットにはニオイが強すぎるため注意してください。猫はハッカ油のニオイを嫌がることが多く、猫がいる家庭では使わないほうがいいでしょう。

犬には問題ないようですが、濃度を薄めて作ってください。動物は精油の成分を体内で分解できません。

トイレ掃除に

ハッカ油スプレーが大量に余ったら、トイレ掃除に使ってみてはどうでしょうか。便器や床にスプレーしてからふき取ると、爽やかな香りが広がります。水や洗剤で掃除をするより、ハッカ油を使ったほうが、トイレ掃除も楽しくなります。

おすすめのハッカ油

ハッカ油スプレー
ハッカ油といっても、たくさんの種類があります。北見産のハッカ油は、北海道でないと入手できないかもしれません。身近に手に入りやすいハッカ油を比較してみてください。

楽天


楽天で人気があるハッカ油は、「Nicoライフ」が販売する商品です。メディアでも紹介実績のある、「純滴」という名前のハッカ油が売られています。

純日本産のハッカです。昔ながらの製法で、水蒸気蒸留しています。通常価格は1,500円ですが、まれに特化で販売されている場合があります。

リンク:Nicoライフ

北見産のハッカ油


日本産のハッカとして有名なのは、北見産のハッカ油です。「北見ハッカ通商」が販売するハッカは、北海道のお土産品として人気があります。

北見産のハッカは、1瓶1,000円です。スプレーボトルに入ったものや、詰め替え用などがあります。北海道のホテルや、駅にあるお土産店などに置いてある場合が多いです。

食品添加物の指定を受けているもので、食品にも混ぜられます。お菓子つくりとしてハッカを選ぶなら、北見産のハッカ油がおすすめです。

リンク:北見ハッカ通商のハッカ油

薬局のハッカ油


薬局でハッカ油を買うなら、「日本薬局方」や「健栄製薬」の商品があります。メントールを30%以上含む製品で、安定した品質が特徴です。

リンク:健栄製薬のハッカ油

スポンサーリンク