40代主婦Webライターのパソコンはデスクトップ型のWindowsがおすすめ

スポンサーリンク

主婦でWebライターになるには、どんなパソコンが必要?
Webライターはパソコンがないと仕事ができないので、購入で迷ってしまいますよね。

よくWebライターの人は「Macbook」を勧めているようです。
でも、主婦のWebライターに限っては、Macはダメなんですよ。

この記事では、Webライター歴10年以上の主婦目線で、おすすめパソコンを紹介します。
若い人はMacかもしれないけど、主婦に限っては違うんですよね~。

無駄なパソコンを買いたくない主婦の方は、参考にしてみてください。

主婦Webライターはデスクトップ型Windowsがおすすめ


まずは結論から、Windowsデスクトップパソコンを買ってください。
なぜ、Windowsなのか、なぜデスクトップなのか順番に解説していきますね。

Windowsを選ぶ理由

Macbookを選ばずWindowsにする理由は、WordとExcelが使えるからです。

そもそも、クライアントもほぼ100%Windowsです。
ファイルのやり取りは、WordやExcelを使うことが多いのです。

MacでWordやExcelは使えますが、Windowsとマイクロソフトの組み合わせが基本です。
それに、MacでWordとExcelを使うと、表示が崩れてしまうことがあります。

最近は、Googleドキュメントでのファイルやり取りも増えてきました。
共有ファイルが作れて、Web上で読み取りや文字の追加もできるためです。

それでも、WordとExcel指定が多いので、WebライターならWindowsがおすすめです。

また、Macは価格が高いですよね~。
まだ稼いでいない主婦Webライターが、「20万円も出せますか?」ってことです。

価格を比べると、MacよりWindowsは断然お手頃。
Macが20万円なら、同スペックのWindowsは10万円くらいまで下がります。

デスクトップを選ぶ理由

デスクトップを選ぶ理由も、主婦ならではの価格面からです。

お店に行くと、価格がお手軽なのはデスクトップパソコンです。
ノートパソコンは軽量化などの理由から、価格が高めになっています。

主婦のWebライターであれば、仕事は自宅のみですよね。
カフェとかで仕事はしないので、固定式のデスクトップパソコンで十分です。

また、ノートパソコンよりデスクトップ型は、ディスプレイが大きい!
40代主婦Webライターにとっては、画面が大きいほうがいいのです♪

ただし、デスクトップパソコンは難点もあります。

  • 災害時にパソコンが使えない
  • 旅行など移動中に使えない

そもそも、災害時にはネットも繋がりませんから!
北海道の大停電で、電気が通るまでネットも繋がりませんでした。

停電の際にクライアントとはスマホで連絡をとったのですが、大通りに出てようやく電波を拾ったくらいでした。
中通りにある我が家では、電気もネットも何日も使えなかったのです。

また、主婦の方なら、休みの日にまで仕事はしませんね。
休日と仕事のメリハリをつけるためにも、デスクトップパソコンでいいと思います。

次の項目からは、実際に私が使っているパソコンを紹介しますね。
自作パソコンなので参考にならないかもですが、参考程度にどうぞ。

私が実際に使っているパソコン性能を紹介


Webライターの私が実際に使っているパソコンは、以下のとおりです。

  • メモリー:16GB
  • UPC:AMD Ryzen 5 3400G with Radeon Vega Graphics 3.70 GHz
  • 画面サイズ:22インチ
  • ストレージ:SSD237GB・HDD3TB
  • キーボード:NECのもの
  • マウス:ロジクールG300S

私の場合は、自作パソコンのため、あまり参考にならないかも。

メモリー

メモリーは、ブラウザを複数開いて、WordとExcelなどを同時に使うなら、最低でも8GBは欲しいですね。

UPU

CPUはパソコンでいう頭脳の部分です。
一般的にはインテルのcore i5がおすすめですね。

私の使っているAMD Ryzenは、インテルよりコスパの面でおすすめ。
2020年の年末にパソコンが不安定になり急遽買ったのですが、メモリー・UPU・SSD・マザーボード・パソコンケースを合わせて4万円くらいだったかも。

一般的にパソコンは最低でも10万円はするので、自作パソコンは安いですね。
パソコンの組み立ては、東京に住んでいる息子に、帰省のときお願いしました。

ストレージ

記憶メディアは、ウィンドウズのOS用にSSDを入れました。
SSDを入れると、パソコンが爆速になりましたよ。

HDDは保存用で、動画ファイルも保存しているため、2TBで多めです。
通常なら、1TBもあれば余るくらいだと思います。

ディスプレイ

パソコンのディスプレイは、大きめがいいですね。
できれば、2画面をマルチディスプレイにすると、作業効率がよくなります。

ノートパソコンだと13インチや14インチで画面が小さくなるので、作業効率を考えるとおすすめできません。
そもそも、主婦のWebライターは外で作業しませんから、ノートパソコンは要らないのです。

キーボード

Webライターにとって、キーボードは命のようなものです。
私のように長時間タイピングをするなら、1万円~3万円くらいの高級キーボードを選んでください。

でも、私が使っているのはNEC純正パソコンについてきたキーボード。
キーを押しても押されていないときがあり、非常にストレスです。

本当なら、東プレのキーボードが欲しいです。
ノートパソコンやMacのキーボードでは、やはり東プレには勝てませんからね。

Macのパソコンに20万かけるくらいなら、10万円のデスクトップを買って東プレのキーボードを導入してください。
ノートパソコンのMac押しなのは、たいてい若いWebライターさんです。

主婦の身で20万円もパソコン購入費を出すわけにはいかないので、Macは選択肢から外さないといけませんね。

マウス

ロジクールのマウスは、ゲーム用です。
ショートカットキーが4つ割り当てることができるため、重宝しています。

Webライターでよく使うのは、コピー&ペースト。
私は、ロジクールのマウス左にある2つのボタンに、上下でコピー&ペーストを割り当てています。

すると、上でコピーして、下でペーストが一瞬でできます!
本当は、キーボードのショートカットを覚えたほうがいいのでしょうが、個人的にはマウスのほうが使いやすいと思っています。

Webライターのパソコンは10万円見ておこう


Windowsのデスクトップパソコンなら、10万円以下もあるかもしれません。
でも、格安パソコンはおすすめできないですね。

理由は、複数のタスクをこなすとパソコンが固まりやすいから。
個人的に自作パソコンを選んでいるのは、安い・拡張できる・自由にスペックが選べるからです。

一番の理由は高いスペックでも安いからです。
私が初めて自作パソコンを買ったのは、パソコン工房で売られていた、お正月の福袋商品から。

中学生くらいだった息子と、一生懸命組み立てました。
それ以来、息子のパソコン知識が上がったため、安心して自作パソコンをお願いできるようになりました。

知り合いに自作パソコンに詳しい人がいるなら、安さとスペックで自作パソコンはおすすめです。
通常は、ASUSまたはレノボが安さの面でいいでしょうか。(Chromebookはダメ)

スポンサーリンク