Webライターの将来性は明るい!記事力は特殊スキルだから

スポンサーリンク

最近は、会社で副業を解禁するところが増えているようです。
そんな背景から、「私も、Webライターやってみようかな?」と考える人が増えているのだとか。

そこで、問題となるのがWebライターの飽和です。
副業でWebライターになろうとする人が増えれば、案件の数よりも人が増えてしまい、後から参入した人は稼げない恐れがあります。

そんな現状を見聞きすると、「Webライターはオワコン」という人が出てきます。
では、本当にWebライターの将来性がないのでしょうか?

Webライターがオワコンといわれるのは、次の理由もあるためです。

  • 単価が低いため将来性がない
  • 副業を始める人が増えて飽和になる
  • AIが出てきて要らなくなる

この記事では、Webライター歴10年以上の主婦が、Webライターの将来性について考察してみました。
これから主婦の方で、Webライターに挑戦してみたい方は参考にしてみてください。

文章力は一生もののスキルのためWebライターの将来性は明るい


まずは、結論からお話ししましょう。
文章力は身につけようとした人だけが得られる特別なスキルのため、Webライターの将来性は明るいといえます。

あなたは、文章力と聞いて、何を思い浮かべますか?

文章力は、特殊スキルです。
なぜなら、文章力が高ければ、人の心を動かし商品やサービスを売ることもできるため。

無差別な営業は人をハッピーにできない

商品やサービスを売ることといったら、例えば営業がありますね。
訪問販売だと、玄関を開けてもらわないと話を聞いてもらえません。

そういった意味で、従来からある営業方法は、遅れているんです。

無差別な営業は人を騙すテクニックを使いがち

実は私、訪問販売が大っ嫌いです。
お人よしで騙されやすいタイプのため、玄関を開けてしまい、嫌なセールスの話を長々と聞かされた経験が多いため。

あの人たちは、無差別に商品を売り歩いています。
本当に商品を求める人じゃないから、無理やりドアを開けさせる嘘を巧みに使いますよね。

文章力があると本来のマーケティングが発揮できる

本来のマーケティングは、商品が欲しい人に情報を提供することです。
話術で騙して商品やサービスを買わせることではないのです。

では、文章力はどうでしょうか。
今でも、嘘や騙しの商品LPは多くありますけど、文章力があれば商品が欲しい人に情報を届けることができるんです。

それって、すごいことだと思いません?
押しつけ感がなく、商品やサービスの情報を提供すると喜ばれるのです。

文章力があると売り込みなしで売れる

本当の文章力を学ぶと、商品やサービスが欲しい人を集められて、売り込みなしで売れるようになります。
すると、売る側も買う側も嬉しくなりますよね。

文章力が身についていると、win-win関係が築ける力があります。
人とのコミュニケーションでは相手の気持ちを考える人が多いのに、商品やサービスを売るとなると、なぜか多くの人が売り込んでしまっている・・・。

無理やり感の売り方は、消費者もうんざりですよね。
だから、これから時代は、消費者側が情報を求めて、商品やサービスを売る時代だと、個人的には思っています。

喜んでもらえるサービス提供こそが、文章力の力なのです。
そして、文章力が高まると、人に言葉を伝える能力が高くなるため、ビジネス全般の力がついていくメリットもあります。

文章力って軽視されがちだけど、ちゃんと学んだ人には、それなりの恩恵があるわけです。

文章が書ける人は意外と少ない

多くの人は、いざ文章を書こうとしても、次のような問題があるはず。

  • 結局何が言いたいの?
  • ダラダラしてわかりにくい

文章力は、スピーチ・コミュニケーションにも役立つことです。
学校の先生の話が長くてつまらないのも、文章力を学んでいないからですよね。

文章力は特殊スキルのため、学んだ人に限っては、需要がなくなるわけはありません!

将来性の高いWebライターになるには学びが必要


では、文章力を学ぶにはどうしたらいいのでしょうか。

次のような解決策があります。

  • 自分でブログを書く
  • 文章術の本を読む
  • 文章術の教材で学ぶ
  • 読みやすい記事の写経

個人的に学べたのは、教材で学ぶ方法でした。
その教材で学んだ重要なことは、「結論は1つにする」です。

文章の中で結論を1に絞ると、「何が言いたいのかわからない」を防げます。
この記事であれば、「文章は特殊スキルだからWebライターの需要はなくならない」が、私が言いたいことでした。

基本的なことですが、1つの結論に絞れていない記事は多いもの。
それだけ、レベルの高いライターは意外と少ないため、学びが吉なわけですね。

Webライターで強い人になる方法

さらに、これからWebライターで強い人の特徴も紹介します。

  • マーケッターになる
  • 名前も顔出しもできる人
  • 自分のブログや商品を作る

Webライターがオワコンなのは、文章力のない人は単価が低くなるからです。
そして、Webライターの人数が増えても、スキルが高い人は少ないので、学んでいる人にとって脅威ではありません。

AIはまだ人に追いつけない

AIの進出もよく言われますが、機械が人の感情にうったえるのはまだ先になりそう。
機械的な記事だったら、低い単価で人に書かせるのと同じですよね。

マーケッターを目指そう

そして、文章力以外にも求められる人になるなら、SEOやマーケティングも学んでいるマーケッターを目指しましょう。
Webディレクションで、サイト構成を学ぶのもおすすめです。

名前や顔出しできる人はWebライターでも強い

さらに、名前も顔出しもできる人は、その人に執筆依頼がくるため、稼げます。
でも、主婦だと無理かもしれないですね。

自分のブログで学ぼう

最後の、自分のブログや商品を作る方法は、学ぶ方法としておすすめです。
自分の商品まで作れる段階になれば、すでにマーケッターの知識が得られていることになるからです。

学び続けるWebライターの将来性は明るい


記事力で人の気持ちを動かせる人は、Webライターとして活躍できるはず。
でも、学び続けて記事力をつけても単価が低いのが悩みなら、自分でブログや商品を作ってみるのがおすすめですね。

名前や顔出しができない人、専門性がない人だと、単価を上げるのは難しくなります。
制限のあるなかで稼ぎたいなら、自分でブログを作る道も選択してみましょう。

  • ブログはポートフォリオになる
  • ブログは文章力が学べる
  • ブログは自分で販売する力がつく

このような理由から、自分のブログをもつWebライターは強いと思います。

スポンサーリンク